リスク検査とは?
今のカラダの状態を捉えて、様々な病気へのなりやすさ可能性を調べるものです。
ご自身のリスクを知っていただくことで、病気の早期予防・早期発見に繋がります。
採血のみの検査ですので、オプション検査としてお気軽に追加いただけます。
 *保険診療の対象外(自費診療)の検査となります。
 *各疾病の有無を判定する目的で行う検査ではありません。
 *他検査の結果と併せて今後の検査・治療方針の検討にお役立ていただくことをお勧めいたします。

  • 脳梗塞・心筋梗塞 発症リスクチェック
    LOX-index® ロックスインデックス
     受診者価格:12,000円(税別)
  • 認知症予防のためのリスク検査
    MCI(軽度認知障害)スクリーニング
     受診者価格:20,000円(税別)
  • 遺伝的体質から生活習慣病のリスクを予測
    サインポスト遺伝子検査
     受診者価格:38,000円(税別)
  • 4つの消化器がん(胃・大腸・胆道・膵臓)発生リスクを検査
    マイクロアレイ
     受診者価格:100,000円(税別)
  • 大腸がんのリスクを検査
    Prodrome-CRC
     受診者価格:16,500円(税別)
  • 膵臓がんのリスクを検査
    Prodrome-PAC
     受診者価格:16,500円(税別)
  • 乳がんのリスクを検査
    ミアテスト
     受診者価格:25,000円(税別)
  • 現在がんである可能性を評価する検査
    AICS
     受診者価格:25,000円(税別)
  • 10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクと4年以内に糖尿病を発生するリスクを検査
    AICS
     受診者価格:25,000円(税別)
  • 胃がんのリスクを検査
    ABC分類
     受診者価格:3,000円(税別)

リスク検査の詳細は新規オプション検査のご案内PDFをご覧下さい。
検査についてのご質問は「健診センター」(午後のみ)まで、 ご予約については「医事課健診係」まで(TEL:0167-23-2181)お問い合わせ下さい。




当日持参するもの
問診票、健康保険証、検便用の便、採尿、防寒着(カーディガン、ソックス等)
※普段、薬を服用されている方は、お薬手帳を必ずご持参下さい。
※子宮癌検診を受診される方は、ナプキンをご持参下さい。

前日には・・・
夕食は消化の良いもの・脂肪分の少ないものを食べましょう。
飲食は夜9時までに済ませましょう。
問診票の記入はお済みでしょうか? 確認しましょう。

当日は・・・
食べ物・飲み物を口に入れないで下さい。(煙草、ガム、薬等をうっかり口に入れないようしましょう)
コンタクトレンズを使用されている方はレンズケースをご持参下さい。
お化粧は控えめにしましょう。
※お薬を服用されている方は、午前中の検査終了後に服用できます。

費用
一般受診者 32,400円(税込)
※官庁、企業など団体ドックの自己負担はそれぞれ異なりますので、医事課担当者にお尋ね下さい。

<人間ドック検査内容>

  • 受付(午前8時20分)・・・正面玄関から入り、2階健診センターにお越し下さい。
  • 更衣・・・2階健診センター、検診衣に着替えていただきます。
  • 問診・・・2階健診センター、保健師が問診票を確認します。
  • 身長、体重、血圧、視力・眼底検査、血液等の検査・・・2階健診センター
  • 胸部レントゲン写真、胃バリウム検査・・・1階放射線科
  • 心電図検査、聴力検査、呼吸機能検査・・・2階臨床検査科
  • 腹部超音波検査、胃カメラ・・・1階内視鏡センター
  • 昼食・・・2階健診センター隣
  • 診察総合判定、保健指導・・・2階健診センター

この他に希望があれば(女性のみ)乳癌検診(触診とマンモグラフィー)・子宮癌検診の検査も行います。 予約時に医事課担当者までお申し出下さい。
人間ドックの他、各種健康診断も行っています。 お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先は、Tel:0167-23-2181(内線2101) 医事課ドック担当まで。




特定健診とは
特定健診とは、40歳以上75歳未満の被保険者および被扶養者を対象に、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した、生活習慣病予防のための健診です。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは内臓脂肪型肥満に加え、高血糖・高血圧・脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態をいいます。この状態が長く続くと、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすリスクが高くなります 。

特定保健指導とは
特定保健指導とは、特定健診を受けられた後に、メタボリックシンドロームのリスクに応じて、健診結果をもとに、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導です。
特定保健指導はリスクの程度に応じて「動機付け支援」と「積極的支援」に分けられ、保健師、管理栄養士が対象者とともに、対象者個々の生活習慣を振り返り、減量や運動などの個別の目標を設定します。その目標達成に向けたサポートを行います。
特定保健指導の利用券をお持ちの方は、まずはお気軽にご連絡ください。

<特定健診・特定保健指導までの流れ>

  1. 健診の予約・申込書の記入
    お手元に特定健康診査受診券が届きましたら、直接当院へ受診日をご予約下さい。
  2. 受診
    受診当日は、受診券と健康保険証を必ずご持参下さい。
  3. 健診結果の送付
    健診結果がご自宅に届きます。
  4. 利用券の発行
    特定保健指導に該当する方は、保険者より「特定保健指導利用券」が発行され、ご自宅へ送付されます。
    ※保険者によって運用手順は異なります。
  5. 特定保健指導の実施
    電話にて面談日を予約後、当院健診センターで特定保健指導の実施をします。

保健指導実施時間
13:00〜17:00(月〜金曜日) 10:00〜12:00(第1・3・5土曜日)
*予約制ですので、事前にご連絡お待ちしています。
時間は、30分〜1時間程度です。

  動機付け支援 積極的支援
初回 個別面接を行い、生活習慣を振り返り、食事・運動などの目標を設定します。
1ヶ月〜5ヶ月 生活習慣の改善に向けて取り組んでいただきます。3ヶ月後、電話等で中間評価を行います。 面談や電話にて、生活習慣の確認・アドバイスを行います。(4回程度)
6ヶ月後 最終評価

<当日保健指導時にご持参してほしいもの>

  • 健康保険証
  • 当院診察券
  • 特定健診結果表
  • 特定保健指導利用券

ご相談・お問い合わせ先
社会福祉法人北海道社会事業協会 富良野病院
Tel:0167-23-2181 保健師(木下・松坂)・管理栄養士(岡村)まで

 



All rights reserved, Copyright© Furano Hospital.