〒076-8765  北海道富良野市住吉町1番30号
TEL.0167-23-2181  FAX.0167-22-4256
furano-kyoukai.hp@msknet.ne.jp
メールでの予約の変更、処方箋の発行等は承りかねます。電話のみとなりますのでご了承下さい。

富良野協会病院について

「高度の医療を安心して受けられる病院として」

 院長 小山内 裕昭

富良野協会病院は、1940年(昭和15年)に北海道社会事業協会の拠点病院の一つとして開院し、1976年(昭和51年)には富良野市、上富良野町、中富良野町、南富良野町、占冠村など一市三町一村を含む富良野圏域の「地域センター病院」に指定されております。
当院は、平成19年5月に多くの皆様のご協力をいただく中、現在の住吉町に255床を有する病院として移転新築開業しました。
今後も、当院は富良野圏域の地域センター病院としまして、これまで以上にこの圏域、及び近隣市町村の住民の方々に安心できる医療、高度な医療を提供できますような院内体制作りを早急に行い、地域医療への貢献をしてまいる所存でございます。
さらに、急性期医療、救急医療の維持、充実のために富良野医師会の病院、診療所とは勿論、近隣市町村の病院、診療所とも、さらに一市三町一村の行政の方々とも密接な連携と協調を図ってまいります。
これからもより一層、当院が「高度の医療を安心して受けられる病院」として、地域の皆様から信頼され、親しまれる病院になるよう、職員の英知を集結し、努力していく所存でございます。

理念・基本方針

理念
私たちは、患者さまから信頼される安全・安心な医療サービスを提供し、地域のニーズに応える病院を目指します。
 個人情報保護方針について

基本方針
◎地域の基幹病院として医療・保健活動の実施
◎人材確保育成
◎地域から信頼されるために医療サービスの向上を目指す
◎病院経営の健全化

概 要

正式名称

社会福祉法人北海道社会事業協会 富良野病院 (略称:富良野協会病院)

所在地

〒076-8765  北海道富良野市住吉町1番30号

TEL・FAX

TEL.0167-23-2181(代表)  FAX.0167-22-4256

メール

furano-kyoukai.hp
msknet.ne.jp

院 長

小山内 裕昭

病床数

255床(一般195床、感染病床4床、療養56床)

患者数

外来625名、入院224名(1日平均)

手術件数

110~120件(1ヶ月平均)

分娩件数

200~220件(年間)

指定機関

管理型医師臨床研修指定施設

地域センター病院(富良野市、上富良野町、中富良野町、南富良野町、占冠村)

地域周産期母子医療センター

災害拠点病院

へき地医療拠点病院

救急指定病院(二次救急医療病院)

労災指定病院

生活保護法指定医療機関

自立支援医療機関(育成・更生医療精神通院医療)

日本泌尿器科学会専門医教育施設・基幹教育施設

日本小児科学会専門医研修施設

日本整形外科学会専門医研修施設

日本眼科学会専門医修練関連施設

日本内科学会認定医制度教育関連施設

日本消化器病学会専門医制度認定施設

日本循環器学会専門医研修施設

日本周産期・新生児医学会専門医補完研修施設

日本高血圧学会専門医研修施設

認定臨床微生物検査技師制度協議会研修施設

薬学教育協議会薬学実務実習受入医療提供施設

沿革

当院は大正11年7月、昭和天皇(当時皇太子殿下)がご来道の折、社会福祉振興のためご下賜された5,000円を基とし、財団法人北海道社会事業協会として発足しました。
現在は社会福祉法人として道内に函館、小樽、余市、岩内、帯広、富良野、洞爺と7つの病院と母子生活支援施設、保育所、介護老人保健施設、看護専門学校等を設置運営し、地域の医療、保健、福祉サービスを行っています。

昭和15年(1940年)

財団法人北海道社会事業協会附属富良野病院開設

昭和27年(1952年)

本会富良野病院と改称

昭和32年(1957年)

町有隔離伝染病棟の診療を行う

昭和39年(1964年)

総合病院認可

昭和43年(1968年)

病院増改築第2期工事完成、院内に養護学校設置(富良野市立特殊学級小・中学校)

昭和48年(1973年)

特殊学級に対し、療養機関として認可

昭和51年(1976年)

道、地域センター病院の指定を受け検査、リハビリテーション部門増築

昭和56年(1981年)

結核病床47床廃止(病床総数214床)

昭和57年(1982年)

一般病棟44床増床(病床総数258床)

平成3年(1991年)

一般病棟60床増床(病床総数315床)、病院増改築工事完成

平成4年(1992年)

人工透析開始

平成9年(1997年)

災害拠点病院の指定を受ける

平成10年(1998年)

一般病床40床を療養型病床群に変更

平成11年(1999年)

伝染病予防法の廃止により伝染病床8床を廃止(病床総数307床)

感染症にかかる法律制定により第二種感染症指定医療機関の指定を受ける(4床)

平成12年(2000年)

訪問看護ステーション「なごみ」開設

富良野市在宅介護支援センター「いちい」開設

富良野協会病院指定居宅介護支援事業所設置

療養型病床17床を介護保険適用病床とする

平成13年(2001年)

地域周産期母子医療センター病院の認可を受ける

平成15年(2003年)

へき地医療拠点病院の指定を受ける

平成17年(2005年)

新築移転工事着工

平成19年(2007年)

新築移転、臨床研修病院の指定を受ける

平成20年(2008年)

療養型病床17床介護保険適用病床を廃止

平成21年(2009年)

富良野協会病院 指定居宅介護支援事業所を廃止

平成22年(2010年)

肝疾患に関する専門医療機関の指定を受ける